【ブツブツニキビ…】ニキビってなんで出来るの?ニキビができる原因と正しいケア方法

肌にいつの間にかできるニキビ。
しっかり顔をあらったり、化粧水や乳液で保湿しているのになんで出来るの?!
ニキビができた時、あなたはどんなケアをしますか?
ニキビのできる原因、わかっていますか?

今回は、ニキビができる原因と正しいケアの方法を紹介します!

ニキビの原因

pixta_4148630_m

思春期の場合

成長期には、体を発達させるために成長ホルモンがとても多くなるため、それに影響されて皮脂の分泌が多くなります。
大人になり、ホルモンバランスが安定すると皮脂の分泌も適度になります。

思春期後(ホルモンバランスの崩れによるもの)

大人になってからは、ストレスや睡眠不足、黄体ホルモンの影響で、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が増えてしまうことがあります。それに影響されて、皮脂の分泌が増加してしまい、ニキビの原因となるのです。
また、偏食による脂質の取りすぎや脂質の摂取が少なすぎても皮脂の分泌が
多くなることがあります。
ビタミンB2、ビタミンB6は不足すると、皮脂の分泌が過剰になります。
ビタミンB2、B6には皮脂の分泌をコントロールする働きがあるからです。

化粧品やメイクが原因の場合も

毛穴を塞いでしまうファンデーションや、コンシーラーの洗い残しによって
汚れが蓄積され、それがニキビの原因となることも。

ニキビを予防するには

pixta_24275556_m毛穴を詰まらせないようにする
メイクをした場合は、しっかりクレンジングで落とすことが大切です。
メイクが落ちやすいオイルクレンジングを使いがちですが、ニキビができている時や
毛穴の汚れが気になる時は、皮脂の分泌が過剰になっているので、
オイルの少ないタイプのクレンジングを使ったほうがいいでしょう。

洗顔のしすぎはNG!

顔がべたついているからといって、1日に何度も洗顔したりゴシゴシ強く洗ったり
油分をきっちり取ってしまうような洗顔はオススメしません。
皮脂を過剰に取りすぎると、肌が乾燥しその分皮脂を補おうとして
皮脂の過剰分泌につながってしまいます。
洗顔フォームは肌に優しいものを選び、泡を立て優しく洗いましょう。
洗顔は、朝と夜の2回で十分です。

ピーリングはオススメ!

最近では、自宅で使えるピーリング剤が増えてきています。
ジェルを塗って角質を溶かして毛穴のつまりをとります。
角質を取ることで毛穴を詰まりにくくし、肌の新陳代謝を高めます。

一番大切なのは保湿すること!

ピーリングや洗顔の後は保湿が重要!
肌の潤いが無くなると、角質が固くなり毛穴を詰まらせる原因となります。
保湿成分の入った化粧水や美容液で十分に潤いを与えましょう。
ビタミンCの入っているものを選ぶと、皮脂の分泌を抑える働きもあります。
油分のはいった商品は控えましょう。油分を過剰に与えてしまうと、
ニキビの原因となるアクネ菌が増殖しやすい環境になってしまいます。

今回は、ニキビの原因と正しいケアについて紹介しました。
あなたは、間違った方法でケアをしていませんでしたか?
ニキビのできる原因を知った上で対策をしていくと、
綺麗な肌への第一歩となりますので頑張ってくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)